貿易事務を行う時の必須事項

皆さんの中に、貿易事務ってなんか難しそうという方がいるかもしれません。


確かに英語の書類を扱うことが多いし、知らない言葉もよく出てくるし、慣れるまでは難しいこともあるかもしれません。
しかしながら、基本的には日本での売買のルールを知っている人なら特に怖がる必要はありません。

どこから勉強したらわからないという人は、まずは製品、数量、金額など、普段の売買で使う単語の英語を覚えてみてください。

そうすることにより、貿易事務に関する書類の大部分を理解することができます。


単語さえ理解できれば、貿易であろうと日本国内での商売であろうと基本的なことは同じなので後は普通に事務手続きを行えば大きな問題は起きないはずです。


後は為替など貿易事務を行うにあたって必要なルールさえ覚えればよいです。
貿易だと外国語に惑わされてしまいますが、逆を言えば外国語の問題さえクリアできればあとは一般的な商売と同じであることを頭にしっかりいれてください。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-12/02.html
http://www.teikyo-u.ac.jp/faculties/undergraduate/medical_tech/judo_reposition/
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm